>  > 階段の上方から明るい声がかかりました

階段の上方から明るい声がかかりました

インターネットサイトのサイトを確認して、いい感じの女の子を3人に絞って、受付け開始を待ってTELします。前日からリザーブを受け付ける女の子の場合は、当日利用の朝からでは希望の時間帯で枠が取れないことがけっこうあるので、当日朝から受付け開始の女の子に限定したほうがいいんです。ですので予め3人をリストアップしておきました。幸いにも、第1候補のホテヘル嬢で在席の一番枠が取れましたよ。リザーブ時間の20分前に、受付け所につきました。その雑居ビルの近くはラブホテル街なので、よく目立つし迷うことはないと思います。受付け所では、TELリザーブしてあることを伝えるとスタッフが手際よく処理してくれて代金の精算を済ませます。若干、時間が早かったので、一つ上の階にある待合室に通されました。ここでは他の客と顔を合わせないような工夫がしてあるのが気に入りました。他はほとんど大部屋みたいな感じなんですけどね。ほどなく、受付け番号が呼ばれて、1階の階段口で待つように言われましたよ。すると上階から「カツカツカツ」と階段を下りてくる、明らかに女の子の足音がしたかと思うと、「お待たせしましたぁ・・」と階段の上方から明るい声がかかりました。

[ 2015-05-27 ]

カテゴリ: ホテヘル体験談