>  > がりがり・・・・がっかり

がりがり・・・・がっかり

俺は自他ともに認める巨乳好き。いつもなら絶対にデリヘル頼むときにも指名して、巨乳ちゃんを呼ぶ。でも今日は金が乏しかった。でもやりたくて仕方なかった。ということでいつものようにデリヘルに電話して、レンタルルームへ。待ってたら来たのががりがり嬢。おいおい・・・・普通の体形ならまだしもスレンダーというより鶏がらに近い。ご飯食べてないのか?と思うくらいに痩せていて、出ると子もまったく出ていない。こういうのを洗濯板っていうんだろうな。性格的にはね、すごくいい子って思うんだ。一生懸命に会話してくれるし、おっぱいなくてごめんねって言ってくれたし。でもでも・・・俺は巨乳が好きなんだよ。巨乳に胸をうずめたい、パイズリしてほしいという思いをもって女の子を呼ぶんだよね。だからいくらいい子でも、参った。洗濯板のおっぱい舐めていると男とやっているような感じになってしまって。まあフェラのテクも手のテクもあったから、無事行けたんだけど。笑顔もかわいいし素敵な子なんだけど、太れない体質なのかな?細いのが好きって人にはマニア的に人気があると思う子だった。けど、がりがりにがっくり。

[ 2015-06-26 ]

カテゴリ: デリヘル体験談